MBTIセミナー

心理学の大家ユングの「タイプ論」を基に、マイヤーズ親子(娘)が 
完成させた(開発した)心の座標軸、MBTIⓇのメソッドを使います。
人の違いを建設的に捉えらながら課題解決ができるようになります。



~本来の自分らしさの活かし方〜
心の座標軸による自己理解と他者理解 ワークショップ


<東 京>
2017年10月29日(日)
10:00〜18:30

お申し込みフォーム


「タイプが違うとこうなるのか!と目からウロコのワークが満載で、
とっても楽しい一日でした。
嬉しかったのは、自分にとっては当たり前のことを
「強み」として自覚できたこと。
また、意思疎通が難しいなぁと思っていた人の謎が解け、
どう生かしあえば良いかが分かってハッピーな気分になりました!
講師業をしていますが、カリキュラム構築&受講生対応の
幅を広げることが出来そうです。」
(研修講師 大島佳子さん)


MBTI@はグローバル展開をしている企業で多く使われてきました。
最近日本でも大手企業や大学、医師養成機関等で多く取り入れられ
職場でのコミュニケーションの問題、リーダシップ、チーム力、
顧客との関係構築、ダイバーシティ、コンフクリフトマネジメント、キャリア開発等、多くの領域で活用されています。

※日本における導入組織の一部
ソニー、日立、野村証券、NEC、積水ハウス、セイコーエプソンetc
東京大学大学院・京都大学大学院医学系等、他国立大学、私立大学等


ユングタイプ論を基に日常で使えるようマイヤーズ親子が発展させたMBTI@、
人の違いの「理由」が「理論的」「体感的」に理解できる、
欧米では「自分から受けたい」と最も言われている性格検査メソッド。
一般の公開セミナーとして少ない機会です!

職場のコミュニケーションやマネジメント上の課題に。
顧客の理解促進、コミュニケーション促進や関係作りに。
家族やパートナーとのより良い関係作りに。
モチベーションが湧きやすいキャリア開発のヒントに。
経営者やマネージャーのリーダーシップ開発に

本来の自分らしさ、本来の相手らしさ、について
心のエネルギーの諸システムというフレームワークで理解する為、
どんな分野、領域、場面であっても、
「その人に合った方法」を考えていくことができるようになります。


こんなに人は皆違うんだ!
ワイワイと自然に盛り上がる楽しいワークを通して、
コミュニケーションの誤解や学び方の違いに驚くことでしょう。




例えば、こんなケースに役立ちます

自分は・・・
・顧客に理解してもらいやすい提案を考えたい
・職場で浮いている感じがする
・自分のコミュニケーション力を改善したい
・いつもものごとを引き延ばしがちである
・他人とのコミュニケーションが苦手と感じている
・つい人と比べてしまい劣等感や自己批判していることが多い
・仕事やビジネスで自分の強みを知り活かしたい
・自分のモチベーションが今一つ上がらない理由を知りたい
・決められないことが多く優柔不断だと感じる 等


他人と・・・
・職場での人間関係をよくしたい
・パートナーや夫婦、家族のコミュニケーションに悩んでいる
・チームとしてうまくいく方法を考えたい
・顧客に理解されるコミュニケーションのヒントを知りたい
・仕事の教え方に悩んでいる
・メンバーと意見がすれ違いうまくまとまらないことがある
・他人がスケジュール通りに進めてくれないことがよくある
・コミュニケーションが伝わらず難しさを感じる
・もっと身近な人の悩みを理解できるようになりたい 等
etc…




人はひとりひとり違う心の習慣(心のクセのようなもの)を持っています。
それが個人のパターンとなり個性となります。
自分が無意識にしている心の使い方の習慣を知ることで
自分のタイプに合った発達やスキル開発がわかります。


誰もが心の衝動として持っているもの、それは
「本来の自分を最大限に活かすこと」
「その人らしさ」を活かしたとき
それは他者や世界へも貢献することになります。
通常とは異なったとらえ方で自分や他者を理解するMBTI®。
自分や相手に、新しい座標軸を持ち込めば、
今までとはまったく違った理解と可能性が開けるでしょう。


タイプのフレームを理解すると得られるヒントは・・・

どんな要素や状況でヤル気が出やすいのか。
どんな状況や場面に一番自分の力が発揮しやすいのか。
相手と誤解が生じやすい部分や場面。
人からどのように見られているかという傾向。
パートナーをなかなか理解できないと思う理由。
どんなことが課題になりがちなのかということ。
どんな時にストレスを感じることが多いのか。
タイプによって異なるストレス対処法。
得意な問題解決の方法や、解決の為に見落としがちなこと。
顧客への提案や理解されやすいキーワード。
自分に合ったリーダーシップ開発の方法。
etc…






画像の説明






← テキストガイドを全員にお渡しします


・ユングの「性格タイプ」とは
・MBTIの4指向
・各タイプによく表れる特徴
・タイプの活用方法
・性格の相違の建設的な用い方
・お互いを補い合う方法
・職場における特徴
・タイプとキャリア選択
・タイプと人間関係
・タイプと問題解決 他




※MBTIとは?詳しくはこちらを →日本MBTI協会 公式サイト

【料 金】28,000円
(MBTI大部診断料とテキスト代すべて込み)
     ※ 再受講生は24,000円です。
       診断シートとテキストは配布しません。

【定 員】定員15名
※最少催行人員8名 

【特 典】
①受講後、役立つヒント集つき


<東 京>

【日 程】
2017年10月29日 10:00~18:30

【会 場】
飯田橋駅近辺
※お申込みの方にお知らせします。

【お申込み】
お申し込みフォーム


このワークショップで使用するツール
【MBTIにおけるタイプの理論・考え方】




ユングの宇宙観には、世界はすべて
相反する対極の2極でなりたつという考えがあります。

ユングは人の心の習慣も対極の2極で成り立っている、
と提唱しました。

どのようにものごとを認知して
どのように判断づけるか。
心のエネルギーは内と外、どちらを向いているか
それぞれ対極があり、人によってより自然にできる一方がある。
その組み合わせによって共通のパターンが生まれ、
それが人の性格タイプとして現れている。
というものです。


MBTIは4つの指標によって対極を表します
I(内向) ⇔ E(外向)
S(感覚) ⇔ N(直観)
T(思考) ⇔ F(感情)
J(判断的態度)⇔P(知覚的態度)

このどちらを指向しているか
(=習慣的に使っている、ラクな利き手はどちらか)
それぞれの組み合わせで16のタイプとして現わされます。

人は皆、認知や判断、反応や行動にどちらを指向しているかで
一定の違ったパターンが形成されていくのです。


この4つの指標の組み合わせが異なれば、
上手くいくコミュニケーションやエネルギーが高まる方法も
人によって違うということは容易に想像できます。

それによって、どんな領域に興味関心を持ちやすいか、
どんな場面やコミュニケーションにストレスを感じやすいか
どんな活動がラクに感じて自信を持ちやすいか
そういったこともわかります。







自分にとっての当たり前と、他人にとっての当たり前は同じ?
また、人間関係においては通常いろいろな葛藤が生じます。
その人間関係で感じるイライラや不満の多くの原因となっていること、それは
人は無意識に、
「他人も自分と同じものの見方をして
同じように判断して、同じように行動する、はずだ」
と思いがちという理由です。

私達は、自分にとっての当たり前を他人にも当てはめようとして
コミュニケーションがうまくいかなくなります。
人は自分を通してでしかこの世界を体験できない為、
自分が基準となりがちなのです。

相手のタイプやパターンを知ることによって、
お互いの当たり前・前提としていることが違うということが理解できます。
その人との誤解や伝わらないといったことも減り、
それによっていい関係性も作りやすくなるのです。





【MBTI®の歴史や詳細について】




この心理検査MBTI®は心理学者ユングのタイプ論をベースに、
マイヤーズ・ブリックスによって開発されたツールです。
・60年以上も続く研究と開発を経て、日本には2000年から導入。
・現在は30以上の言語で翻訳され、50カ国以上で使われています。
・米国だけでも年間200万人以上が受検しています。
・キャリアカウンセリングの領域ではグローバルスタンダードです。
・企業では、コミュニケーション、リーダーシップ開発、
チームビルディング、キャリア開発等の研修で使われています。
・他にはコーチング、学校教育、倫理臨床、医師の育成等の領域。



一般で言う心理テストではありません。
事前検査をきっかけに楽しいワークを通して自分を深堀していきます。
そして自分のタイプを自分で見出します(自己決定の原則)。

※このサイトの記載内容は日本MBTI協会の監督承認を得ています。

®MBTI and Myers-Briggs Type Indicator are registered trademarks of the Myers-Briggs Type Indicator Trust in the United States and other ountries.

画像の説明








【お申込み】こちらのフォームから 



【ご体験頂いた方々のお声】


「このセミナーを受けて、一番よかったと思ったことは、
人に対してイライラしたり腹を立てることが劇的に減った
ということでした。

人それぞれ考え方がある、ひとりとして同じ人はいない、
と言うことは、もちろん頭では分かっていました。

しかし、自分とは違う考え人に対して、感情的な対立意識が生まれてしまったときには、
やはり腹立たしい思いを持ったり、相手は間違っているのではないか
と思ってしまうことは、正直ありました。

その時に、「人それぞれ考え方がある」と自分に言い聞かせては
見るものの、
やはり、どこかで納得がいかない気持がぬぐえず、我慢をする、
と言うことでしか対処できませんでした。

しかし、MBTIを学んだことで、自分と違うタイプの人を、
心情的にも理解することができるようになりました。

その結果、仮に対立が起きたとしても、相手と自分と、
何が違うのかを理解することが出来るようになったので、
腹立ちや怒りを感じることはほとんど無くなりました。

人間関係がこじれる原因は、相手の無理解によるものが多いと思いますが、
このMBTIは、その部分を、わかりやすく理解できる、
とてもいいツールだと思いました。」
(株式会社マイルストーン 水野浩志さん)


「MBTI面白いです!
私は、世の中にあるタイプ診断をたくさん受けていますが、
受けるたびに、より良く自分を知ることができます。

MBTIはその中でも、タイプの違いだけでなく共通点もわかりやすくて、
気に入っています。

特に、チームメンバーの違いと共通点が非常にわかりやすくて、
プロジェクトを進めるときに全員のモチベーションを保つために役に立っています。
それぞれの興味が違いますからね。

あと、早川さんのファシリテーションが大好きです。
良い雰囲気で受講できるので、次の講座も楽しみです。
ありがとうございました。」
(キャリッジウェイコンサルティング 今井孝さん)




「許しあい、認めあえる人づくりの場ですね。
本当に感謝です。

おかげさまで、許せなかった人たちを(少しでも)許せました。
このセミナーを通して、人それぞれ、まったく違った見方やとらえ方、考え方が
あることを実感できました。
『十人十色』といいますが、これほどカラフルに、それぞれ違う輝きだとは。

まったく理解し合えないとあきらめていた人にじっくり向き合えるようになり
「そういう考え方もあるんだな」と認められるようになりました。

そして何より、自分の素を出せるようになったことが大きい!
心が軽くなり、ほっとして、ラクになりました。

いろいろなワークを通して具体的に学び、
タイプが違う人ともオープンに話し、
講師のはやけんさんから的確なフィードバックをもらえたことで
『素でいいんだ』とOKを出せました。

自分のこれからが楽しみです。
周りにも、今まで以上に良い自分をラクに楽しく出せていけそうです。
ありがとうございます。」
(Feel-Alive 代表 山本大介さん)


「「タイプ別」という考え方は、
「自分の性格を理解してもらえない」
「どうしても劣等感を感じてしまう」
「理解できない仕事相手に困っている」…
という方は、目からウロコ!の考え方ではないかと思います。

自分を掘り下げ、そして対人関係に生かすことができる、
MBTIメソッド。

ファシリテーターのはやけんさんも、
とっても信頼できる人ですので、
安心して受けることができますよ。
オススメです!」
(作家 恒吉彩矢子さん)


「MBTIは有資格者による長時間のフィードバックを受けながら
受検者ご自身が自分の「ベストフィットタイプ」を見出していく過程にその意義があります。
「ツール」「メソッド」と紹介するほうがより本質に近い所以です。
ユング心理学では、意識と無意識などの両極性を互いに補い合う
関係として認めつつ、
最終的には心の全体性(自己)を再認識することの重要性が語られています。
専門家と、またはグループでの丁寧なフィードバックを通して、
自分の「利き手」(強み)を楽しんで使いながら反対の手(弱み)も慈しみ、
あるがままの自分を受け入れる心地よさを思い出させてくれるMBTIは、
「全体性」回復のための頼もしい味方のひとつとなってくれるでしょう。」
(臨床心理士 吉川理恵先生)


「自分らしくありたい!自分らしく生きたい!とよく言うけれど、
本当の自分らしさってなんなんだろう?

こんな気持ちの落ち着かなさを持っているときに、
このセミナーに出会いました。

最初に行うアンケートによる診断は、なんかよくあるパターンで、
結局納得しないコンピュータの分析なんかじゃないんだろうかと、
正直、疑いを持っていました。

ところが、実際のセミナーで、多くの人のなかでワークを重ねていくと、
考え方、発想、大切にするものの違いが、他人との比較の中ではっきりとし、
自分らしさが炙り出された感じです。

自分だけで、自分らしくって何だろう?とうんうん考えていたのでは、
ずっーと納得感が得られなかったと思います。
このセミナーのおかげですっきりしました。
ありがとうございます。

他人のなかでワークしてこそ自分らしさがはっきり現れるというのが、
このセミナーの重要なポイントだと思いました。
本を読んだだけ、診断を受けただけではこの深い納得感は、
決して得られないものだと思います。」
(Fさん 男性)



「職場の仲間と飲みの席で、時々孤立感を感じることがあったのですが、
それに劣等感を感じることはないのだと気づきました。
IとEのタイプの違いということが分かっただけで楽になりました。」(Sさん 男性)



「自分がしっくりする方法を選択して物事に取り組むことは、
我がままではなく、強みの源泉なのだと思えるようになりました。

また、普段(自分が)指向しない能力を有している人への、劣等感なようなものが減り、
お互い得意なスタイルが違うだけなんだな、と思えるようになりました。

ただし、それら(普段指向しない能力)をあまりに使わない時の注意点は、
過去を振り返って、ハッとするものばかりで、今後十分に気をつけたいと思いました。

最後に、ダイナミクスを知ることができたのは大変有益でした。
自身の指向するダイナミクスでは通用しないであろうシチュエーションの時は、
意図的に機能を切り替えるよう自身に働きかけようと思えるようになりました。
柔軟な対応力を身につける第一歩になったと思います。」
(Yさん 男性)

「パートナーのふだんのコミュニケーションがすごく理解できました。
もっといい関係になれそうです」
(Hさん 女性)

「このワークショップを受講できて、自分の心の動きがわかり良かったなと思いました。
「私は、私のままでいいんだ。」と思えたことが大きな収穫です。
私は、社会人として、失格だなと思っていましたが、
私が、苦痛を感じる仕事は、ただ単に苦手分野であることがわかりました。
また、私の強みとして、得意分野があることもわかり、
安心できたし、希望を持てました。」
(Kさん 女性)

「もっと前に知りたかった。これから自分をもっと活かしていこうと思い、
勇気づけられた」
(Nさん 女性)

「結果報告のタイプの特徴が当たっていてビックリ!
これを考えながら新しい仕事探せるかな」
(Mさん 女性)

「自分の当たり前に思っていた性格が他の人から見ると強みだとわかって、
自分に自信が持てました」(Tさん 男性)

「研修の中では、これが一番良かった。
なんとなくでしかわからなかった自分のことが整理されてわかったので、非常に面白かった」
(通信業管理職 男性)

「皆のタイプを知り、普段かわされているチームの会話のパターンが見えて
コミュニケーションが楽しみになってきた」
(化学メーカーS社研究員) 




<ファシリテーター>
シナジー代表 早川健治
人材開発コンサルタント/企業研修講師

<取得資格・修了等>
MBTI®認定ユーザー
ジョージワシントン州立大学HRソリューションプログラム修了
アクションラーニングコーチ(ALコーチ)
ソリューションフォーカス実践コース修了
選択理論心理学 中級講座修了
公認ソーストレーナー
厚生労働省指定キャリアコンサルタント能力評価試験合格 認定CDA



<略歴・専門分野>
選択理論心理学やMBTI®、
ソリューションフォーカス等の心理学的実践アプローチによって、
気づきや内発的動機を喚起する研修プログラムを、
大手企業を中心に年間100日程度行っている。
得意分野はマネジメント、モチベーション、コーチング、
キャリア開発といった分野や
ポジティブアプローチのワークショップ。

働く人達が、対話によってオープンに心を開き、
「強みを活かし合う協働によって成果を上げる」
職場づくりを研修を通してサポート。



また、一般個人向けにもMBTI@を活用したWSや、
セルフエスティーム等の講座を開催。
人の多様性を受入れ、健全な自己肯定感を育み、
本来の自分らしさや強みを活かす支援をしている。

Copyright© 2017 MBTIセミナー. All rights reserved.